医療従事者

水虫が好む高温多湿|こまめに洗って感染を防ぐ

専門医が相談にのります

先生

日常生活に支障をきたす巻き爪を治療してくれる専門医療機関が、東京にはあります。まずは電話などで無料相談をして、自分の悩みを専門医に打ち明けてみましょう。爪に関して気になる点があれば、医師に直接相談できるカウンセリングを受けるのも大切です。そこで、ケアの仕方や切り方などを指導してくれます。

View Detail

白癬菌の感染

3人の看護師

水虫は白癬菌が皮膚の角質に感染することによって起こります。白癬菌は高温多湿の場所を好むため、足に感染することが最も多くなっていますが、皮膚のどこにでも感染します。予防としては皮膚を清潔にすること、靴を長時間履いているのを避ける事です。さらに、水虫の人は治療して他の人に感染させないことが大事です。

View Detail

足の裏の痒みの原因

看護師

早めの治療が必要

「水虫の治療のために病院に行くのは恥ずかしい」と考えている人は多くいます。その理由の中には「足を清潔にしていなかったからじゃないのか」と思われるのではないかというものがあります。しかし、水虫は清潔にしていても裸足で歩いていたところに水虫の原因菌がいれば感染してしまうものです。そのため、プールやジム、温泉施設などのロッカーや更衣室など、裸足で歩いている場所に水虫菌を持った人が居て歩き回っていたら、感染してしまうこともあるのです。そのまま放っておくと足の角質だけではなく爪にまで水虫が感染してしまうこともあります。爪は皮膚と違い新陳代謝のペースが遅いため、一度爪に水虫が感染すると治療に数か月〜1年以上かかることもあるため、早めの治療を心がけましょう。

予防策は

水虫の予防策としては、足を蒸らさないようにすることです。水虫の原因菌は高温多湿の場所が好きなのです。靴下を履いて靴を履いていると、繁殖しやすい環境を作り出してしまっています。靴下を履かないようにすることは仕事などで無理だという人が多いため、休憩時間などに靴を脱いで湿気を逃がしたり、毎日違う靴を履くようにしたり、家に帰ったら靴下を脱いで湿気を残さないようにすることが重要です。また、足にくっついた水虫の原因菌は角質層へ感染するまでに24時間程度の時間がかかると言われています。そのため、毎晩足を綺麗に洗うだけでも感染を防ぐことは可能です。ジムやプールに行った後は、自宅に帰って足だけでも綺麗に洗うことが感染予防に繋がります。

人目を気にせず通えます

ドクター

円形脱毛症で病院への診察にためらいを感じている方におすすめなのが、新宿の皮膚科です。新宿の皮膚科は駅の周辺にあるところが多く、駅から人目を気にせず通院することができる点が魅力となっています。患者のプライバシー保護やインフォームドコンセントに力を入れているので、安心して診察を受けることができます。

View Detail